皆さん、こんにちは!こんばんは!

広島を拠点に活動する
下半身の悩み改善トレーナーの小川です。

いつもご愛読頂きありがとうございます。

今回はポッコリお腹について解説をしていきます。

この記事を最後までご覧頂くことによって
ぽっこりお腹を改善する方法がわかります。

是非最後までご覧ください。

ぽっこりお腹の原因

ぽっこりお腹になる原因として以下のようなものがあげられます。

・腸内環境の悪化
・インナーユニットの筋力低下
・姿勢の歪み
・生活の乱れ

ぽっこりお腹に悩んでいる方はこれらを改善していくと良いです。

では実際に改善方法をお伝えします。

改善方法

腸内環境の悪化

腸内環境を整えることは
ダイエットにおいても健康においても非常に大切です。

腸内環境が悪い時におこる症状として以下のようなものがあげられます。

・肌荒れ
・おならが多い、臭い
・食欲の低下
・お腹がはる、痛い

これらの症状がでてしまうと
腸内環境が悪くなっている可能性が高いです。

改善策としましては食事を見直していきましょう。

・食物繊維
→緑黄色野菜、オートミール、玄米など
・オリゴ糖
→玉ねぎ、キャベツ、ゴボウ、ジャガイモなど
・マグネシウム
→納豆、のり、とうふ、わかめなど

これらの栄養素、食材を意識してとってみましょう。

インナーユニットの筋力低下

お腹周りのインナーマッスルである
インナーユニットの筋力が落ちてしまうと
内臓や腸などの臓器の位置を下に下げてしまうので
インナーユニットは使わないといけません。

インナーユニットに関しましては以下の記事をご覧ください。

一番大事な運動【呼吸】

姿勢の歪み

姿勢の崩れは直接的にぽっこりお腹につながります。

特に骨盤の歪みは先ほどあげたように
インナーユニットの働きがおちてしまいます。

ですので姿勢を整えることは大切です。

姿勢に関しましては以下の記事をご覧ください。

あなたの姿勢はいいですか?姿勢評価でみるべきポイント

生活の乱れ

生活の乱れは食習慣のみだれにもつながります。

例えばダイエットをしようとして
極端に摂取カロリーを減らそうとしても
体が省エネモードに入り
基礎代謝を下げてしまいます。
その結果ぽっこりお腹につながったりしてしまいます。

ですので適度に食べるということも大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ぽっこりお腹の原因は一つではなく
今回解説したような症状をできるだけでないようにしないといけません。

結果大切なことは
食事と運動です。

ストレスがかからないように
ぽっこりお腹を改善していきましょう!


パーソナルトレーニングのお問い合わせはこの文章をクリック 

各種SNSで情報発信中!!

 

YouTubeはこちらから

 

Instagramはこちらから

 

Twitterはこちらから

 

普段活動している

 

姿勢とコアの専門店

 

コンディショニングスタジオコア×コア

 

のホームページはこちらから

 

オンラインパーソナル無料体験開催中!! お申込みはこちらから

 

____________________________________ 

取得資格 日本コアコンディショニング協会認定 アドバンストレーナー

 

全米ストレングス&コンディショニング協会認定 パーソナルトレーナー

 

公益財団法人健康体力づくり事業財団 健康運動実践指導者

 

NSCAジャパン認定体力トレーニング検定2級

 

フィットネスクラブマネジメント技能検定3級

 

IsCore認定トレーナー

 

公益財団法人日本サッカー協会公認キッズリーダー